• HOME
  • 事務所案内
  • アクセス
  • 個別無料相談
  • よくある質問
  • 費用一覧

借金問題

借金問題
  • 借金問題で困っている
  • 司法書士に依頼して借金の取り立てを止めたい
  • 借金の返済の目処がまったく立たない

債務整理をすれば、貸金業者からの借金の請求は止まります。取引履歴を取り寄せ、全体の債務の額を確定した上、解決できる手続きを選択します。貸金業者との取引が長期(10年以上)になっている場合、過払金が発生している可能性もあります。

債務整理 とは、借金問題を解決する手続きです

貸金業者やクレジット会社の返済に困ったら、できるだけ早く専門家に相談することが、解決への第一歩です。
解決された方は、「もっと早く相談すればよかった。」 とおっしゃる方が多数おられます。私個人の経験則ですが、返済のために借入をするようになったらご相談頂きたいです。債務整理をすれば、貸金業者からの借金の悩みは解決できます。勇気を出して、まずは、司法書士に相談してみてください。今後の生活設計を含め、ご依頼者様と一緒に考えます。借入の相手先さえ教えて頂ければ、債務整理、過払い請求の通知を送付することが可能です。

司法書士に ご依頼いただくと

一定の債権者からの依頼者への直接の取立て・請求は止まります。 (但し、債務整理手続中の一定期間に限ります。)
法定金利を超える利息金を支払った場合は、ほとんどの場合その払いすぎた利息金を元金に充当すること(法定金利で引き直し計算すること)ができ、その結果、法律上支払わなければならない借金残額がわかります。

借金問題を解決の手続きとしては、以下の三つが考えられます

生前贈与手続きでご準備いただくもの
任意整理
債権者と交渉して、分割弁済の和解契約を締結して支払を行っていく手続き(原則は3年~5年、場合によっては、それ以上の長期分割)意整理を選択される方は、自己破産はしたくない、将来的にもきちんと返済をしていきたいなどなど考え方はさまざまです。
誰もが絶対にできるとは限りませんし、必ず任意整理をしなくてはならないわけではありません。今後どういった手続きで進めていきたいかというご本人のご希望や、今後の収入の見通しなど、それぞれの方の状況を総合的に考えて、どの債務整理手続きを行うかを決定します。当事務所では、ご依頼者に対する貸金業者の取り立てを停止させ、ご依頼者に代わって貸金業者と交渉いたします。
個人再生
収入はあるけれども借金が大きすぎて債務整理が難しい方や住宅を残したいので破産だけは避けたい方は、民事再生が最適な方法です。手続きが成功すれば住宅ローン以外の借金だけを大幅に整理することができます。このように個人民事再生は、自己破産にはないメリットがありますが、住宅ローンを除いた借金の総額が5000万円以下で、かつある程度定期的な収入がある人、または定期的な収入と、その収入に変動幅が少ない人しか利用することができません。減額できる借金の額と手続きが若干変わるので、注意が必要です。当事務所では、ご依頼者に対する債権者の取り立てを停止させ、借金を減額する個人民事再生手続きを全面的にサポートいたします。
自己破産
裁判所に申立をして、消費者金融会社など債務をゼロにして生活再建を目指す手続き借金を返済するために借金を繰り返していくことは必ずしも正しいことではありません。それでも、自己破産の手続きは一般の方にとっては、やはり抵抗を感じることだと思います。当事務所では、わかりやすく親切に対応していきます。自己破産の正しい理解のもと、ご依頼者に対する貸金業者等の取り立てを停止させ、新しい生活をスタートするための自己破産手続きを全面的にサポートいたします。
Pagetop